財産分与として渡す場合

離婚をすることになって、お互いで財産の分与で話し合いをしますが、居住用不動産を財産分与として渡す場合は、どちらが不動産を受け取るか話し合いをする必要が有ります。そして居住用不動産の価値を正確に出す為に、不動産鑑定士に依頼をする必要が出て来ます。

shopping08_m

 

不動産鑑定士が出した価格で、夫婦で話し合って財産の分与をするわけですが、住宅ローンなどの居住用不動産を取得するのに利用したローンが有るならば、そのローンの残額を不動産の価値から引いて、財産の分与をする必要が有ります。

 

 

ただローンを分割するのが難しいので、一方がローンのすべてを引き受けて、その分財産を多く貰うという形で分与を進めていく必要が有ります。その方法で居住用不動産を取得する側は、不動産を取得する代わりに、負債を引き受けたり、他の財産の受け取りを減らしたりして、調整をする必要が有ります。

 

 

しかし、不動産の方の価値が多くなり過ぎたりした場合はそういう方法が出来ないから売却という形になります。ただ売却をすると税金を取られる分、二人の取り分は減ります。さらに売却の為に新しい居住地を求める必要も有り、その分の経済的負担も有ります。だから出来るだけ売却しないでいいように分与を調整して、経済的負担を減らすべきです。

 

Comments are closed.