財産分与の対象となる財産には何があるか

離婚をする際に問題となる事の多い、財産分与。これは結婚生活を営み、夫婦で協力して築き上げた財産を別れる事により生産、個人のものとする作業です。

 
一見、財産というと貯金といった現金だけを想像しがちですが、対象となるのはこの現金だけではないのです。
共有財産となるものは様々で、株券などの有価証券、土地や建物といった不動産、家具や家電、そして厚生年金、共済年金、退職金までもがなり得ます。
離婚時の分与は、あくまでも結婚後に夫婦共だって築いたという定義がある為、結婚前に持っていた個人の財産というのは含まれません。女性の場合、嫁入り道具は対象外、そして自分の親から相続した遺産、贈与された財産についても婚姻後に得た場合でも外されます。
それとは逆に、所有者名義が相手のものとなっている場合でも、それが婚姻中に築かれたものであれば、夫婦の共有財産とみなされ、対象となります。自動車や、ゴルフの会員権、保有している美術品なども含まれます。

 

ゴルフ02
分与する額に、一定の基準は設けられていません。まずは双方の話し合い、そして最終的にはその財産を築くにあたって、どちらがどの程度寄与したか、これを考慮され割合を決めていく流れとなります。

Comments are closed.