居住用不動産の財産分与

 

shopping07_l

離婚をする為に財産分与の話し合いになって、保有する預貯金、有価証券、保険解約返戻金、不動産、車などの動産、退職金、年金などを分与をする話し合いをしました。それで居住用不動産の財産分与でどちらが居住用の不動産を取るかで、話し合いがもつれます。

 

 

居住用の不動産は、とりあえず不動産鑑定士に依頼をして不動産の価格を出してもらいます。それで出してもらった価格で、財産分与をするのですが、住宅ローンとかの居住用の不動産を取得するのに使ったローンが有れば、そのローンの残額を不動産の価格から引いて正確な価値を出す必要が有ります。

 

 

それでローンの残額を引いてもプラスならそのプラス分を分与して、マイナスならばマイナス分を分与します。この時住宅ローンは居住用の不動産とセットで財産分与を計算します。それで妻の方が住宅を取得するなら、住宅ローンを払う必要が生じます。しかしローンを借りられなければ、居住用の不動産を取得できないということです。

 

 

だから、妻としては住宅を諦めて、その分他の財産を分与してもらうことになります。しかし、ローンの残額で住宅の価値がマイナスならば、そのマイナス分の穴埋めで夫の方に他の財産の分与が多くなります。

 

Comments are closed.