財産分与の基礎知識

財産分与とは離婚の時に、夫と妻とで保有する財産を分ける行為を言います。そして財産にも分けられる物と分けられない物が有ります。

それで分けられる物を共有財産といい、婚姻中にお互いの協力で作られた財産のことです。それで名義は関係なく分与の対象になります。それらは預貯金や有価証券、保険解約返戻金、不動産、車や家具の動産、年金、退職金は婚姻期間中の分などです。さらに住宅ローンなどの生活に使った費用のローンも分与の対象です。

逆に分けられない物は婚姻前から有する資産や、相続または贈与で得た資産と、お互いの協力で作られていない資産です。例えば別居中の場合に出来た資産は分与の対象外です。

ここで居住用の不動産の分与ですが、まず不動産鑑定士に依頼をして不動産価格を出してもらいます。その価格で夫婦で分与するのですが、住宅ローンが有る場合不動産価格からローンの残額を引いて、残った額を夫婦で分与します。プラスならプラスで分与を、マイナスならマイナスで分与します。

さらに二人に話し合いで居住用不動産が売却になるなら、売却価格から税金や経費を引いた残額で、分与をします。住宅ローンが有るならばその残額から引いて残りを分与することになります。アメフト02

Comments are closed.