婚姻期間が20年以上の夫婦の場合

離婚するにあたり、必ず発生してくる問題が、財産分与です。

 
この財産分与とは、婚姻中に夫婦の合意により築き上げた財産を清算し分配する事ですが、対象となる物、対象とならない物があります。
離婚時の財産分与はあくまで結婚後に共同で築いたという意味を持つ為、結婚前に持っていた個人保有の財産は含まれません。当然結婚前の貯金や嫁入り道具は対象外です。そして自身の親からの遺産、贈与された財産は個人所有であり、特有財産と呼ばれます。もし婚姻後に得たとしても、夫婦共有の財産とはみなされません。

 
名義が夫婦どちらかのものであっても、婚姻中に得たものであれば不動産、自動車、株券などは対象になります。
長年連れ添った夫婦が離婚する場合、問題となるのが居住用の不動産の分配、それにかかる税金問題です。
婚姻期間が20年以上の夫婦の場合、贈与され引き続きそこに居住する場合は、基礎控除が110万円の他、2000万円の配偶者控除があるので2060万円までが非課税となります。

 
また、離婚前に2000万円に相当する不動産を贈与して、離婚後に残りの持ち分を財産分与する形をとるケースもあります。その場合は、税金を支払わずにすむ可能性もあります。

Comments are closed.